店主の独り言(日記みたいな)

ゲストハウスとろとろ古民家ならではの騒音・生活音の悩み。

こんにちは~!

今朝、なんかお届け物が郵便で届いた。


箱に書かれている宛先を見てみても…「?」
心当たりがない。

封を恐る恐るあけてみると…!!!!!!!!!!!!

( *´艸`)ナニコレ。

コーヒーのプラスチックの蓋でぐるぐる巻きにされた、wifiのルーター!!!!!

こんなんする人、一人しかおらん!

 

そう、

一昨日の早朝にフランスに旅立ったシュンである。

日本にいる間ずっとルーター貸しててんな~
関空で飛び立つ最後の最後まで貸しといて~って言うてて

 

こんな姿で帰ってきた。w

 

蓋が一枚だけ役割も果たせずさみしそうに転がっていました。

 

という話はさておき、今日はわたしが頭を悩ませている古民家ならではの騒音や生活音について少し書いてみようかと思います。

悩み①個室で聞こえる騒音

ゲストハウスとろとろは、築120年の古民家物件をリノベーションして作りました。
わたしがこの物件に惚れたのは、地下に部屋があること。

とろとろは、けっこう激しい傾斜の坂道に建っているので、

こんな感じの構造をしています。

 

商店街から見ると、1階が食堂になっていますが、下の道から見るとその食堂は3階くらいの高さに位置します。

個室もスタッフルームにも窓があるので、地下室のようで地下じゃない。

そんな隠れ家的な構造に惚れたんです*

ところが…!!!!

個室の部屋は、構造的には相部屋や食堂から見ると「下の階」であることは間違いありません。そして古民家。

イコール

上の部屋での生活音がけっこう響く…!!! >_<

シャワーやお手洗いの水の音が響いてしまうんですよね~…。気にならない人は気にならないけど。たま~にたま~に「耳栓が必要だった」というレビューをいただくことがあります。

うんうん、わかる(´;ω;`) そうですよね、寝つきにくい人にとって上の部屋から聞こえる水の音は眠りの妨げになるよな~…

 

悩み②相部屋(ドミトリー)で聞こえる騒音

 

とろとろをオープンする間近だったある深夜。
ペンキ塗りがまだまだ、間に合わなくて一人で深夜3時ころに作業していた日。

ゴーーーーーー

ゴーーーーーーーーーーーー

ゴーーーーーーーーーーーーーーーー

ってなんか大きい音が近づいてくる!!!!!!!

 

と思いきや とろとろの目の前をゴミ収集車が大きな音で駆け抜けた!!!!!!!!!!!!!!

 

Σ(゚Д゚)

ちょっと待って… なにこのでかい車… なんでこんな大きな車が商店街の中を走り抜けたん…

って一瞬 時がとまりました。

 

えー知らん知らん!こんな深夜にこんな車が走るん知らんかった!!!!!!

と、今でもあの時のパニックになった感情を覚えています。笑

 

ゲストハウスとろとろ、開業間近にしてもしかしたらこの音のせいで諦めやなあかん可能性も頭によぎりました。

 

それから、防音の窓を調べたりとできる限りのことはしよう!と決意し、オープン前に友達にも付き合ってもらい何泊か2階や地下の部屋で寝泊まりをしながら

その音がどれくらい「気になるか」を実験しました。

地下の個室には全く影響はないことが判明。

そして意外にも、2階の相部屋でも音はそこまで気にならないようで。

 

もちろん、聞こえるのは聞こえるのですが…寝てしまうと深夜3時にその音で起きるかと言われると全く起きない。

 

でも、その時間帯から眠りにつこうとすると、やっぱり音は気になる…。そんな感じでした。

それからオープンを迎えゲストの反応をみてきましたが、ほとんどのゲストが「よく寝れたよ~」と言ってくれます。

ですがなかには「ちょっと車の音が気になった」というゲストもいたり、耳栓を使った形跡があったりと…。

気になる人・気にならない人はそれぞれですが

やっぱりわたしはいつも「よく寝れたかな~?」と心配になってしまうのです。

 

 

ということで、とろとろはオープン当初から全部屋に耳栓をご用意しております。(amazonでレビュー見まくって、効果が高い耳栓を厳選しています^^ 笑 )

 

古民家ゲストハウスならではの悩み

古民家ゲストハウスならではの騒音問題って、抱えているゲストハウスも多いのではないでしょうか?

みなさんどんな工夫されてるんかな~?

わたしは、もう少しお金が溜まったら2階の窓には防音設備のなにかを備え付けたいな~と思っています*

地下のお部屋も、できればもう一回工事をして、水回りの音が鳴らないようにしたい。

 

ゆっくり、ゆっくりですがそんな感じで進んでいきますので、

お泊り頂く方、何卒よろしくお願いします♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じカテゴリーの記事*