openしてから編:ゲストハウスとろとろの日常

ゲストハウスとろとろ(とろとろ食堂)に助っ人が増えたよ〜!スタッフ紹介♩

こんにちは~Faheです*

さいきん、1月に入ってくれたまーちゃんに加え、
とろとろに2人のスタッフが増えました~*

一人はランチtimeのスタッフ「シホちゃん」☺わたしと同い年!
そしてもう一人は宿の住み込みスタッフ「ケンちゃん」☺ 28歳!

もう2人とも早速いい仕事をしてくれています!

シホちゃんことshihocoはアメリカ人の旦那さんと近々アメリカに渡るので、5月末までの短期の食堂スタッフです*
が、持ち前の英語力と癒やしの笑顔で、もうめちゃ頼りがいがある…!!

そして住み込みスタッフのケンちゃんこと健太郎!

彼はアメリカで6年住み、パイロットとして活躍されていました。(この写真も、地図を広げて仕事中!)
日本に戻ってきて、来年は日本での就職に向け、八尾にある飛行場と往復する毎日…
その拠点に、とろとろの住み込みを選んでくれたんです*
(とろとろに住みながら、夜のチェックインの対応を手伝ってくれています*)

 

 

 

そんな2人がとろとろに入った、そもそもの理由は…?というと。。

 

 

実はわたし、以前のブログでも書いたのですが、とろとろをオープンする前に、旦那さんとWEB関係の会社をしていました。

わたしは、そっちを抜け、とろとろ開業へと移ったのですが、その後も旦那さんは、玉造にある事務所で、スタッフのみんなとその会社を切り盛りしてくれていました。

そのWEB関係の会社というのはSEO関係の事業をしているので、グーグルのアルゴリズムの影響をすごく受けやすいです。
とろとろをオープンした11月、そのアルゴリズムに大きな変化が起こり、会社も大打撃をうけてしまいました。

わたしは、とろとろオープンでバタバタしていたので、そっちの会社はもう任せっきりで…

でも、大変なのも隣で見ているので、宿と食堂をやりながらも、会社のことがとにかく気になる…二人ともいっぱいいっぱいなので、夫婦ケンカも増え、しんどくなる毎日…

よし!ここは、誰かに甘えよう!
とろとろに、スタッフを入れよう!

っと決意をした年末に、たまたま幼馴染のまーちゃんから「とろとろってバイト募集してたりするー?」って連絡が入ったんです!

なんというタイミング!

それから1ヶ月ほど、2人で宿と食堂を切り盛りしながら、ときにはまーちゃんに食堂を任せ、わたしは会社に戻れる時間も増え、お陰様でなんとかバランスが取れるようになってきました(^^)

そして2月の始め。
だんなさんから「本格的に、会社に戻ってきてくれー」「立て直せるまででいいから!力を貸して!」との声が…

今までだったら「いやや!とろとろにおりたい!」
ってワアーキャー喧嘩になっていたところなんですが…

いまは、頼れるまーちゃんもいる。
スタッフもあとちょっと増やしたら、

食堂も宿もまかせて、
すこしの期間、会社に戻ることもできるかも?
と思ったんです。

そこでアルバイトの募集をかけてみました。
「いい人が見つかったら。とろとろに馴染んでくれるな~とちゃんと思える人がいたら。決めよう」

と思っていました。

ありがたいことに、さっそく数名の希望者が連絡をくださり…
実際にあって話もしてみました。
みんないい感じでした。

その中から、「この人なら…*」と思い、2人を選ばせてもらいました*

それが、シホちゃんとケンちゃん。

もう直感です!

 

 

 

 

ちなみに、わたしはゲストハウスの朝ごはんtimeには必ず宿にいます*
朝食はわたしが愛情を込めて作らせていただきます*

そして、日曜日の食堂にもたっています!

いまは、そんな少しの間だけお店にいる状況ですが…

会社が無事、うまく立て直せたら、とろとろに戻ります。

食堂のお客様、宿のゲストの方々、
何卒とろとろメンバーをよろしくお願いいたします…*

 

 

シホちゃんケンちゃん、よろしくね〜☺️

オーナー Fahe

同じカテゴリーの記事*