京都編

山科のレトロな喫茶店COZY HOUSEは手作りケーキとジャムが美味しい♪

sachino

趣味のカフェめぐりや散策を通じて、生まれ育った京都の魅力をお伝えします♡

当ブログ「とろスポ-tolotolo spot-」はゲストハウスとろとろの店主と3人の仲間たちで運営しています🍃

おしゃれなカフェで過ごす時間は心弾むもの。とはいえ、ひと息つくには、少しだけ肩に力が入ってしまうかもしれません。そんなときわたしが利用するのが、喫茶店。
店主がドリップするコーヒーやどこかなつかしい洋食メニューは、気取らなくても楽しむことができるリラックス空間。

そんな喫茶店のなかでも今回ご紹介したいのは【COZY HOUSE】(コジーハウス)。
コーヒーやランチはもちろん、手作りケーキや無添加ジャムを提供している、ノスタルジックな喫茶店です。

京都・山科で【COZY HOUSE】が開店したのは、なんと38年も前のこと。
店主であるご夫妻のコーヒー好きがきっかけとなり、オープンされました。
開店当初は2種類のケーキ(チーズケーキとバナナケーキ)、2種類のジャム(イチゴジャムとマーマレード)のみを提供していましたが、現在は種類も増え、持ち帰り販売も行なっています。

なかでも一番の人気は「りんごケーキ」。
しかも秋が深まるこれからの時期は、紅玉を使用するため、もっともおいしいタイミングになるのだとか。
紅玉とはフジやジョナゴールドと並ぶりんごの1種♪やや小ぶりで、10月から11月にかけて旬を迎えるのが特徴です。爽やかな酸味と香りをもつ紅玉は、アップルパイやジャムといったスイーツと相性ぴったり♡

独学でケーキ作りを学んだCOZY HOUSEは、専門店のように大きな設備があるわけではありません。そのため店主いわく、お菓子の生地が気温や湿度に左右されるなど、苦労が絶えないのだそう。
それでも上質な材料を生かし、無添加で丁寧に作り上げるのが、長く愛される人気の理由です。

一軒家の1Fで営業している店内は、ナチュラルテイスト。
こじんまりとした印象はあるものの、座席間隔は広めなので、窮屈に感じることはありません。

店主ご夫妻は物静かだけど、とてもあたたかみがあるお人柄。過度に話しかけることもなく、お客様が過ごす時間にそっとよりそうように、店奥に控えられています。
たくさんお話できる店員さんがいるのも楽しいものですが、静かな時間をもちたいときは、こうした接客はうれしいですよね。おかげで居心地が良く、ゆったりとした時間を過ごすことができました♡

素敵な外観にも注目*

緑があふれていて、ヨーロッパの田舎町にあるカフェのようにもみえますね。

駐車場も完備していますから、車で来店予定の方も安心♪

COZY HOUSEは家庭的なランチや安心安全なスイーツが評判の、とっても心温まる喫茶店でした♡

お店の方へ
お写真パシャパシャとごめんなさい…。ごちそうさまでした🌿

COZY HOUSE お店情報

住所 京都府京都市山科区竹鼻地蔵寺南町39-2
電話 075-592-4555
営業時間 9:00~18:30
定休日 不定休

同じカテゴリーの記事*