店主の独り言(日記みたいな)

飲食店で酔っ払いへの対応について考える。とろとろ食堂で起きたこと

先日、とある土曜日の昼過ぎ。
まーちゃんと、とろとろ食堂をopenしてバタバタしていたところ。

「なんか変なお客さんが入ってきそう… 」と、まーちゃん。
外を見てみると、超絶酔っ払っているお兄さん(30代くらい?)が扉を開けようとしていた。

おっとっとっと~どうしましょうかね~

と考える間もなくお兄さん、陽気に来店。

席に着くまでもなく、意味のわからない言葉を発しながら、
ほかのお客さんに絡んだり…独り言を言ったり…

なるべく奥の席に入ってもらおう…
とカウンターの隅っこに通したわたし。

お兄さんにmenuを渡す。

「なににされますか~?」
「んなに…って… なんか頼まなあかんのかいな~」

「お茶にされますか?お食事ですか?」
「んなにゆうてんねん~ ここは何屋やねん~+}‘>*_」




まったく通じやん!(´;ω;`)
どないしよ…

ほかのお客様のこともあるし頭がフル回転にパニくる!

「あの~お客さんかなり酔ってらっしゃるようですが…」
「酔ってないわい!しばくぞ!!!お酒くれ~」
「お酒はお昼はお出ししていません。」
「酒おいてるやんけーーー!」



(´;ω;`)

ここで負けるわけにはいかん!

「申し訳ないですが、ご注文されないようであればおかえりください。酔っぱらっているお客様はお断りさせていただいております。」

とは言うものの

まったく聞いていない。

挙句の果てに
隣のお客さんにまで「ばばあ、なんやねん」

とか言い出す!

とろとろ食堂、雰囲気がもうやばい!!!!!!!!!!!!!!!

まーちゃんに合図を送り
わたしは一回外に出た。。

そう…
隣のお店で仲良くしていただいているFAT DOGさんの
オーナータクヤさんにヘルプを出しに行ったんです。

タクヤさんすいません!変な酔っ払いが来て…
オーナーのふりをして、入ってきてもらえないですか?

と。

その時のわたしの考えとしては…
やっぱり、女子二人の雰囲気ではお客さんを帰らせるところまでもっていけない!
ここは一発男性をぶつけるしかない!

となったんです…。

タクヤさんも忙しいのにも関わらず
OK!いいよ!と二つ返事で来てくださって。。

「オーナーですが…スタッフから話を伺いました…」と低姿勢で話しかけてくれて…

するとその酔っ払いも、男性が出てきたからか、空気を読んだのか、
席をたち…

そのタイミングでタクヤさんも
「一度外に出ましょう」
と。。

そして外でなにやら会話をしている様子。

タクヤさんにハグしてみらり…かと思うと拳を向けてみたり…
かなり変なひと。とにかく酔っぱらってる…。

そして、2~3分話したあとで、
ようやく帰って行ったのでした…

タクヤさんにお礼を告げて
わたしはお店に戻りました。

それでね、そのあと無性に悔しくなったんです。

なんで、オーナーはわたしやのに自分で最後まで対処できひんかったんやろ…
なんで隣のお店のオーナーに、うちのオーナーのふりしてもらわなあかんかったんやろ…

頭の中で
どうしたらよかったんかな…?
って何回も考えるけど…

答えがない!

悔しいな~…

タクヤさんにもいやな思いさせてしまった罪悪感と…

なによりあのおっさんに腹が立つ!!!!

もう二度と来るなーーーーー!
それと、昼間からそんなに飲むなーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

次こんなんあったら
こうしようね~
ってまーちゃんと何度もシュミレーションをしたのでした。

とにかく誰もケガせず無事に引き取ってもらえて
良かったってことにしよう… 

タクヤさんありがとう… ( ノД`)

同じカテゴリーの記事*